気になる騒音!賃貸でできる防音対策はある?

賃貸でも出来る防音対策について

>

家具の下に防音ゴムを置いて音を遮断

収納は壁際にする事

壁に棚やラックを設置して小物や本を置くようにしましょう。
そうする事で、物がある程度の騒音を吸収してくれるので隣に音が漏れる心配が低くなります。
それだけでは心配な人は、前の記事でも紹介したように、防音シートを挟んで置くと万全の対策を取る事が出来ます。
他人に迷惑をかけない為にも、マナーとして防音対策をするのが最近では当たり前になっています。

部屋によって背の高い家具を壁に配置する事で、壁から伝わる音を遮ってくれます。
その時に、ピッタリと家具を壁に付けるのではなく少し隙間を空けるようにして空気の通り道を作ってあげましょう。
家具の配置を工夫するだけでもかなりの防音対策になると思います。
この対策方法は、特に賃貸のアパートやマンションにおススメです。

テレビは壁側は避ける事

音が漏れるのは壁に沿って音が流れて行くからです。
多くの人は、壁側にテレビを置いている事が多いと思います。
それだと、賃貸のアパートやマンションだと音が隣に響きやすくなってしまうのです。
部屋の間取りによって壁際にしか置く場所がない部屋もあると思いますが、なるべく壁側は避けて置くのが良いのです。

かと言って部屋の真ん中にテレビを設置するのも生活の邪魔になってしまうと思います。
一番良い防音対策は、窓側にテレビを設置する事です。
予め、窓にも防音テープを貼って外に音が漏れないようにして置く事です。
テレビは意外と熱を持ちやすいので、窓際に置く事で熱が外に逃げやすくなりますし、窓が割れたとしてもガードしてくれます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる