賃貸でも出来る防音対策について

気になる騒音をこれでカット!

近隣の迷惑にならないように、自宅でも簡単に出来る防音対策があります。
中でも、近年になって人気になっているのがホームセンターでも気軽に手に入れる事が出来る防音ゴムです。
家具によって形や大きさは関係なく家具に合わせて切って下に置くだけで、自分の家から出る騒音をカットする事が出来ます。

最近の賃貸マンションやアパートには、最初からこの防音ゴムを取り付けて、騒音トラブルを防止している所も増えてきました。
トラブルが起こりやすいのは、特に、子供がいる家庭や一人暮らしの世帯が多いそうです。
築年数によっては、隣との壁が薄く更にあまり防音対策がなされていないマンションやアパートも多いのでこれは役に立つとの事で人気が高まっています。

最新の所はこのようなトラブルを未然に防ぐ対策が最初からされている事が多いですが、まだまだ行っている所は少ないと言います。
トラブルになる前に、自分で対策をする事も大切なのです。
賃貸でもお金をかけて騒音対策をする人もいると思いますが、大半の人は自分で簡単にする対策を取っています。

中でも、防音ゴムは家具の下に敷くだけではなく、窓や扉を締める際に出る音を遮断するのにも使えるそうで、隙間や直接扉に貼ったりしている人もいます。
近年になって、一見防音ゴムに見えないお洒落な対策グッズも増えてきており、一人暮らし女性や家庭から絶大な支持を受けています。
そうする事で、お客様が来ても気にならないように見せています。
防音ゴムは、100均でも手に入れる事が出来るのでコストパフォーマンスは良く柄もいくつか可愛いのがあると言います。

家具の下に防音ゴムを置いて音を遮断

賃貸のアパートやマンションで意外と多いのが近隣から聞こえる騒音です。 ですが、防止するにはかなりお金がかかるのではないかと思われがちですが、簡単に自分でも出来る対策法がいくつかあります。 中でも、気軽に出来るのが防音シートを敷く事で気になる音を遮断する事が出来ます。

強化したい場合について

音を吸収して、更に防音対策を強化したい場合には、遮断シートに防音材を付けておくと音漏れの心配はグンと減るそうです。 特に、子供がいる家庭では小さいとどうしても家の中で走ってしまい足音がうるさくなってしまうと思います。 そんな時にこの吸収材を使うと足音は下の階に響かない事が多いそうです。

自宅でもスリッパを履く

足音が大きく聞こえてしまうのは、力を入れて歩いてしまうからです。 少しでも防音対策をしようとしているのであれば、自宅でもスリッパを履く習慣を付ける事です。 そうする事で、スリッパが足音を吸収してくれるので音の軽減になります。 来客時に備えて複数置くのも良いかもしれません。

≫ TOPへもどる